debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

カテゴリーアーカイブ: donrails

donrailsプロジェクトの終了

donrailsと名づけてrails0.12のときはじめたblogツールwordpressへの移行ツール公開にて終了。

donrailsは日記や、blogの作成をするためのrubyプログラムです。 記事の作成には、webからの入力のほか、AtomAPIを使用することができます。

  •  AtomAPIに対応(WSSE認証に対応しています)
  • 検索機能。検索結果をRDFとして出力
  • 複数の入力形式(hnf, rd, plain text, wiki, html,moinmoin)に対応
  • コメントおよびトラックバック機能。およびそれらへのAkismetを使ったSPAMへの対応
  • 柔軟なカスタマイズが可能 レイアウトを作成(nostes.rhtmlと、その中で指定するcss)することにより、見た目を自由に記述可能
  • 管理画面での記述やコメントの変更
  • ライセンスはGPL2

donrailsは、これを作る前からずっとHNSで書いていた日記があったので、hnf記法に対応したblogツールが欲しかったので複数の記法に対応するblogツールとして2005の7月に5日ほど休暇があったときに作ったのでした。

もともと、ぼそ&ayが「railsのいいところはActiveRecord」と主張していたので興味を持って、何かつくりつつアイディアを試そうと思ってはじめたものだった。いろいろ試したけど、マイルストーンは何だったのか思いかえしてみる。

こう考えると、2008以降はほとんどメンテモードで何も新しいことは試してないのでした。今年は本当にrailsまわりのコードを新規に書くこともしてないので、波及効果も限定的でした。

というわけでまた思いだすこともあるかもしれないけど、ひとまず終了。

広告

RubyによるXMLRPCをつかったblog引越しツール

GithubにてApacheライセンスの下、公開しました。https://github.com/armaniacs/blog-import-export

やれること

  • XML-RPCをつかって記事をローカルファイル(rubyのpstore)にexport
  • 書きだした記事をXML-RPCを使ってimport
  • カテゴリーと記事(本文)に対応

具体的には、donrailsからwordpressへの引越しは問題なくできました。

Apacheライセンスなのでいくらでもsnippetして使ってください。

 

donrailsをJrubyで動かしたとき,rails2.3.3のbugにはまる.

ArgumentError (A copy of ApplicationHelper has been removed from the module tree but is still active!):
  app/helpers/application_helper.rb:459:in `don_get_oldconfig'
  app/helpers/application_helper.rb:453:in `don_get_config'
  lib/akismet.rb:41:in `initialize'

というエラーが,JRubyでdevelopment modeで動作させたときだけ発生していた.

Commit d37ac7958fc88fdbf37a8948102f6b4e45c530b3 to rails’s rails – GitHub
でなおっているらしい.

config.gemがはたらいてくれない件

donrailsでつかっているlibxml-rubyとlibxml-xmlrpcをconfig.gemでいれられるようにしていたのだが,そのconfig.gemで指定しても,

Missing these required gems:
  libxml-ruby  
  libxml-xmlrpc  
You're running:
  ruby 1.8.7.160 at /opt/local/bin/ruby
  rubygems 1.3.4 at /Users/yaar/.gem/ruby/1.8, /opt/local/lib/ruby/gems/1.8

といわれるのでした.

もちろんlibxml-rubyもlibxml-xmlrpcも存在している.

/opt/local/lib/ruby/gems/1.8/gems$ ls libxml-ruby*
libxml-ruby-0.8.3:
CHANGES   RAKEFILE  doc/      lib/      test/
LICENSE   README    ext/      setup.rb
libxml-ruby-0.9.7:
CHANGES   README    doc/      lib/      test/
LICENSE   Rakefile  ext/      setup.rb
libxml-ruby-1.1.3:
CHANGES   README    doc/      lib/      test/
LICENSE   Rakefile  ext/      setup.rb

どうやら

 #LibXML Ruby - Dependency of Solr Ruby
  config.gem "libxml-ruby", :lib=>"xml/libxml", :version=>"~>0.8.3"

こんなかんじで中でよんでる :libの形にあわせて書け,とそういうことらしい.

  config.gem "libxml-ruby", :lib=>"xml/libxml"
  config.gem "libxml-xmlrpc", :lib=>"xmlrpc/client"

に.変更した.これでok

donrailsのrails2.3対応

研究でつかってるprogramの前哨戦で,donrailsのrails2.3化を行った.

  • etchだとdebでいれたgemではだめ.gemが1.3.1よりあたらしいものを要求する.まあとってきてインストールするだけだが,それにあわせて必要なgemをいれなおさないといけない.
    actionmailer (2.3.2)
    actionpack (2.3.2)
    actionwebservice (2.3.2)
    activerecord (2.3.2)
    activeresource (2.3.2)
    activesupport (2.3.2)
    hpricot (0.8.1)
    libxml-ruby (1.1.3)
    libxml-xmlrpc (0.1.5)
    mocha (0.9.5)
    mysql (2.7)
    packet (0.1.15)
    rails (2.3.2)
    rake (0.8.4)
    rubygems-update (1.3.2)
    will_paginate (2.2.2)
    

    使うのはこんなかんじ.

  • rake rails:update
    • application.rbがapplication_controller.rbを変えろ,と出た.
  • actionwebservice (2.3.2)をいれる
  • security_extensionsを使うのをやめた.
    • app/viewsでかきかえるためには,こうなってるところをはずさないといかん.
      <%= hidden_field_tag(:session_id_validation, security_token) %>
      

      その数は.

      cfardm-2:~/playground/donrails/app/views$ gfind -name \*.rhtml |xargs grep token |wc
            35     324    5043
      

      かなり多いな.面倒なので,

      module ApplicationHelper
        def security_token # dummy for 2.3.2
          return rand.to_s
        end
      

      という具合でdummyをいれた.

    • あとはnotes_controller.rb
       protect_from_forgery :except => [:catch_trackback, :trackback, :catch_ping]
      
  • controllerの中で session :off を使うのをやめた
  • Test::Unit::TestCaseがなくなったので,それを書き換え
  • request.session.session_idは使えない。request.session_options[:id]を使う。
    • これはwarningなのでそれに従って書き換える.
  • testのときに同一のテスト関数内で2つのテストをしてるときの引数の取扱がかわった.たとえば
        post :delete_article, :deleteid => {'40000' => '1'}
        assert_equal "<br>Not exists (no delete):40000", flash[:note2]
        assert_redirected_to :action => 'manage_article'
        post :delete_article,
        :hideid => {'4' => '0'}, :deleteid => nil
        assert_equal "<br>Hyde status:4 is 0", flash[:note2]
        assert_redirected_to :action => 'manage_article'
    

    こんなんじで引数を変えて,2つの postを評価しているときには,2つ目のほうには使わない引数には nil を与えるなどしてやらないといかん

  • RAILS_ROOT/lib を読まなくなった.
    NameError (uninitialized constant ApplicationController::AntiSpam): app/controllers/application_controller.rb:199:in `don_is_spam?'
    

    とかでたので,environment.rbをいじった.

    config.load_paths += %W( #{RAILS_ROOT}/lib )
    
  • ActiveRecordで,formatというのをカラム名にできなくなった.予約語?
    • dbのMigrateをやった.そしてコードもなおしまくり.

rails2.2.2で動いていたdonrailsをrails2.3にする.

ちょっとdonrailsでrails2.3がどんなものかやってみることにした.donrailsはrailsが0.11のころから作っているので,いろんなものをひきずっていて,これで動けばまあ自分の範囲では問題ないから,というのがある.

rake rails:update をまず.

application.rbがapplication_controller.rbにかわった.

次のはまり道

load_missing_constant’: uninitialized constant ActionController::AbstractRequest (NameError)

https://webrat.lighthouseapp.com/projects/10503/tickets/206-uninitialized-constant-actioncontrollerabstractrequest-nameerrorを見ると

/opt/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/activesupport-2.3.2/lib/active_support/dependencies.rb:440:in `load_missing_constant': uninitialized constant ActionController::AbstractRequest (NameError)
	from /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/activesupport-2.3.2/lib/active_support/dependencies.rb:80:in `const_missing'
	from /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/action_web_service/protocol/abstract.rb:74
	from /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'
	from /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `require'
	from /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/activesupport-2.3.2/lib/active_support/dependencies.rb:156:in `require'
	from /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/activesupport-2.3.2/lib/active_support/dependencies.rb:521:in `new_constants_in'
	from /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/activesupport-2.3.2/lib/active_support/dependencies.rb:156:in `require'
	from /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/action_web_service/protocol.rb:1
	from /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:31:in `gem_original_require'

このaction_web_serviceの問題か?

http://github.com/datanoise/actionwebservice/tree/masterを見ると2.3.2に対応したとかかいてあるな.

とりあえず plugin install でいれた.

config/environment.rb で

 # config.frameworks += [ :action_web_service, :action_mailer ]

というかんじでコメントにしたらokだった.

さて.rake testがまだなので実環境ぶっこみはまだ先だ.

本日の仕事. サーボモータが電力オーバーになるのの対処に時間をとられまくり.

donrailsのroutes.rbを更新

今までは,1のようになっていたpageを2のように更新.

  1. http://donrails.araki.net/archives/noteslist/page/428
  2. http://donrails.araki.net/archives/listpages/page/428

というのもおそらくmod_rewriteの魔境にはまってしまったのだが,1のpageが常にhttp://donrails.araki.net/archives/にredirectされるようになってしまって不便このうえなかったので..

blog記事はふつう記事にリンクを貼るので page をつかうことはないと思うけど,もし影響した人がいたらごめんなさい.

donrailsのrails2.2対応 その二

昨日にひきつづき,donrailsをrails2.2.2に対応させるべくいろいろやって,
対応させました.
これで,とりあえずrails2.2対応は終了したのでやっと機能追加にはいれます.

今日やったこと.

DEPRECATION WARNING: truncate takes an option hash instead of separate length and omission arguments. (called from_run_rhtml_app47views47notes47recent_trigger_title_a46rhtml at /Users/yaar/playground/donrails-rails-2.2.2/app/views/notes/recent_trigger_title_a.rhtml:34)

ときたので,

truncate(txt, 76)

となっていたところを

truncate(txt, :length => 76)

にする.
他にも二箇所あったので修正.

donrailsのrails2.2化はじめ

donrailsを2.0から2.2に一気にあげなかった理由はこれがなおるかもしれない,と思ったからなのだがやっぱりひっかかった.

#1458 Namespaced resources fail in production when controllers are not namespaced – Ruby on Rails – rails

(ArgumentError) “Object is not missing constant TagsController!”

こまったな.たしかにdevelopment modeではこれは発生していない.
http://www.nabble.com/forum/Search.jtp?query=activesupport%202.2.2%20load_missing_constant

いろいろ試行錯誤してみると,どうも自分の場合は typoから移植したantispam.rbmodels/comment.rbで使っていることにあるようだ.

class Comment < ActiveRecord::Base
  belongs_to :article
  validates_presence_of :author
  validates_length_of :password, :minimum => 4
  validates_length_of :body, :minimum => 5

  validates_antispam :url
  validates_antispam :ipaddr
  validates_antispam :body
  validates_antispam :author
  validates_antispam :title
  (略)

としてるこの validates_antispamをとりあえずどけた.

rails2.0->2.1

rails2.0で動いてたdonrailsを2.1に対応させてみた.前もひとつやったけどdonrailsってナニなことをやっているんだなあ,という気にさせられた..

  • renderの途中のpathの扱い
    Rendering template within ./MT/notes
    Rendering notes/./MT/noteslist
    

    というかんでpathの途中に /./ がはいるといかんようだ.

    -      return File.join(path, theme, filename)
    +      if path == "."
    +        return File.join(theme, filename) ## for rails2.1
    +      else
    +        return File.join(path, theme, filename)
    +      end
    
  • renderの処理では :inline とか :template を指定する.

application_helper.rbの中でrenderを呼んでいるときは :inline を指定してやる.

rails2.0のときは

 -        content += render("shared/attachments/picture", "atta" => atta)

こんなかんじでrender先でつかう変数は"hoge"でくくってやれば使えたが,rails2.1では

 +        content += render(:inline => "shared/attachments/picture", :locals => {:atta => atta})

とまあ,:localsを使って指定しなければならない.

app/viewsの下でrenderを呼ぶときは,:template で指定してやる

-<%= render(don_get_theme("shared/category_title_list"), "category" => "donrails
") %>
+<%= render :template => don_get_theme("shared/category_title_list"), :locals =>
 {:category => "donrails"}
  • vendor/plugin/cache_testを削除

どうもrails2.1には対応していないのでざっくり削除.

というわけでなんとかなったのでrails2.2対応が次かな.