debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

AWSのコマンド類と環境変数

Installing AWS Command Line Tools Using Ubuntu Packages というすばらしい記事が http://bit.ly/JTpa8f で読めるのでそれのインスパイアというか、ちょっと修正しただけ。

まずはAmazon EC2 API Toolsをいれる。Ubuntuな場合は上であげた http://bit.ly/JTpa8f あたりを読めばいいけど、なるべく汎用的に書いてみる。

  1. まずはJDKのインストール.
  2. 適当なdirectoryをつくる。UNIX系なら、~/.aws おすすめ。
  3. ec2-api-toolsやautoscaling、ELBのコマンドファイルなどは http://aws.amazon.com/code にあるので、とってきて展開して、シンボリックリンクをつくる。まあ、やたら種類があるので全部いれる人は極めて稀だと思う。自分だとこんな具合
    ~/.aws$ ls
    AutoScaling/
    AutoScaling-1.0.9.0/
    ElasticLoadBalancing/
    ElasticLoadBalancing-1.0.10.0/
    RDSCli@
    RDSCli-1.4.007/
    bin@
    ec2-api-tools@
    ec2-api-tools-1.5.0.0/
    lib@
    

    リンクについては

    ec2-api-tools@ -> ec2-api-tools-1.5.0.0
    bin@ -> ec2-api-tools/bin/
    lib@ -> ec2-api-tools/lib/
    

    といった具合。

  4. credential情報のはいったファイルを作成。なんでもいいんだけど、https://aws-portal.amazon.com/gp/aws/securityCredentials からコピーしたものを.aws/aws-credential-file あたりにつくっておく
    $ more .aws/aws-credential-file
    AWSAccessKeyId=xxxxxxxxxxxxxx
    ASWSecretKey=yyyyyyyyyyyyy
    
  5. 次は環境変数の整備
    export AWS_HOME=$HOME/.aws
    export EC2_HOME=$HOME/.aws
    export EC2_PRIVATE_KEY=$AWS_HOME/pk.pem
    export EC2_CERT=$AWS_HOME/cert.pem
    export EC2_URL=http://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com
    export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home`
    export AWS_CREDENTIAL_FILE="$EC2_HOME/aws-credential-file"
    export AWS_AUTO_SCALING_HOME="$EC2_HOME/AutoScaling"
    export PATH=$AWS_AUTO_SCALING_HOME/bin:$PATH
    export AWS_ELB_HOME="$EC2_HOME/ElasticLoadBalancing"
    export PATH=$AWS_ELB_HOME/bin:$PATH
    export PATH=$EC2_HOME/ec2-api-tools/bin:$PATH
    
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中